FrontPage  Index  Search  Changes  Login

オオナズチ

ナズチ撃退・討伐に関する考察

はじめに

森丘ナズチに関してはほぼ完璧な地形ハメが発覚。沼地ナズチに関しては現時点で完璧なハメはない。

森丘ナズチ地形ハメ

旧来の戦法における誘導・回避型の改良型。
まず、森丘でのナズチの通常行動パターンは下記のようなものがある。

#パターン…9->3->2(開始から約4分10秒後) 
#パターン…9->3->10->9 
#パターン…9->(6)->5->4->3->2 
#パターン…9->(6)->5->4->3->10->9

このうち、パターン1以外だった場合、リタイア推奨。

装備…ラオ覇PB、散弾3とその素材(散弾が撃てる火力の高い得物なら何でも)
スキル…散弾強化・装填速度+2(コンガUに球)

立ち位置は2と6の境目付近の1側の壁際 。壁の丸い(?)染みを目印にすれば分かりやすいと思う。
ttp://imepita.jp/20080328/616490

まずはランゴを枯れさせます。ナズチが飛来したあとに気付かせます。 するとだいたいこちらに向かって突進してきます。その突進の終わり際の鳴き声が聞こえたら6に移動。 数秒待って再び2へ移動するとナズチが左に向かって走っていくので最初の位置に行きます。 失敗して高台に乗っていても慌てずに6に引き返し、少し待ってから2へ移動。あとは散弾調合撃ち。
ナズチがバックステップをしてエリア外に出ることがあるので、その間に調合。 後は繰り返し。 何かの拍子に右側に行くことがありますが、最初と同じように誘導

森丘ハメ開発以前の戦法

ラオ覇・皇を使った下記装備ならば、村は一戦討伐、下位・上位は二戦討伐を容易に達成できる。 完全なハメではないが、参考資料として下記戦術を記す。 ※「バストン」使用時は、村は二戦、下位・上位は三戦が討伐目安。

装備

  • 森丘および沼地高台汎用<固定砲台型>
    • 武器:ラオ覇または皇 ※村・下位の場合「バストンウォーロック」でも可
    • スキル:最大生産、盗み無効、散弾強化
    • 防御力:200以上 ※上位の怒り「疲労ブレス」による一撃死を回避するため
    • 持ち込みアイテム:散弾調合素材、回復系(G、ノーマル、秘薬など)、忍耐の種
    • 備考:ダメージ覚悟の正面突破装備。高台から散弾Lv3調合撃ち。村・下位は回復Gで事足りるが、上位は秘薬もあったほうが無難。 ※「バストンウォーロック」の場合は、散弾Lv2調合撃ち
  • 森丘高台専用<回避・誘導型 一戦討伐用>
    • 武器:ラオ覇または皇 ※村・下位の場合「バストンウォーロック」でも可
    • スキル:火事場+2、散弾強化
    • 持ち込みアイテム:散弾調合素材、火事場発動用タル爆
    • 備考:誘導メイン。高台から散弾Lv3調合撃ち ※「バストンウォーロック」の場合は、散弾Lv2調合撃ち
  • 森丘高台専用<回避・誘導型 撃退用>
    • 武器:威力が高く散弾Lv2を撃てるヘヴィボウガン
    • スキル:最大生産、散弾強化、(装填数UP、ボマー) ※増弾のピアス+コンガUに、珠で発動
    • 持ち込みアイテム:散弾調合素材、タル爆弾調合素材
    • 備考:誘導メイン。高台から散弾Lv3調合撃ち+誘導時にタル爆弾G設置

本戦術のメリットおよび散弾の効果

ナズチを探し回る必要がない=ステルスジャンプによる透過も気にする必要なし。
散弾を使うため、ステルス時のヒット率の大幅な向上が見込める。
キリンやゲリョス同様、ナズチの弱点である頭部に散弾が集中的に当たる。
ラオ覇・皇の散弾Lv3ならば、4〜5発で怯みを発生させられる=ナズチの攻撃回数を減少させられる。

森丘ナズチに関して

ナズチの通常行動パターン

  1. パターン…9->3->2(開始から約4分10秒後)
  2. パターン…9->3->10->9
  3. パターン…9->(6)->5->4->3->2
  4. パターン…9->(6)->5->4->3->10->9

戦術<固定砲台型>

開幕2の高台へ(村・上位の場合、要虫掃除)。ナズチの着地を確認したら狙撃し、その後、極力6側最奥でかつ3側に陣取る(崖に密着する)。個体が小さければここが準安全地帯となる。あとは散弾を撃つだけ。舌攻撃、疲労ブレスを食らうと、6へ移動するので、回復と弾調合を行ない、ふたたび2へ。以後、この繰り返し。飛来回数2回以上で村・下位ならば、一戦討伐。上位は二戦討伐可能。
舌攻撃や疲労ブレスを連発され、回復剤を極端に多く消費するような状態に陥った場合は、リタイア推奨。
パターン^奮阿両豺隋基本的にリタイア推奨(虫掃除後、経過時間を確認するとよい)。
村において、9->3->2(戦闘)->3->2(戦闘)の最短パターンならば、10分針で討伐。

戦術<誘導・回避型>

開幕2の高台へ(村・上位の場合、要虫掃除)。ナズチの着地を確認したら狙撃し、その後、極力6側最奥でかつ3側に陣取る(崖に密着する)。これをA地点とする。ここまでは<固定砲台型>と同様。その後、ナズチが突進してくるので、散弾を撃ち怯ませる。怯ませたら、6へ移動。リロードし、2へ戻る。ナズチは3方向へ突進するため、それに合わせ、高台3側(下段へ降りる必要なし)へ移動する。ナズチが振り向き、再度突進をしてきたら、今度は1側(舌攻撃、疲労ブレスの射程外)かつ極力6側へ移動する。成功すれば、ステルスジャンプ&右振り向き突進されないかぎり、安全圏内なら狙撃し続けられる。ステルスジャンプや何らかの要因で、この(ハメ)状態が崩れたら、A地点へ。あとはこの繰り返し。
6への移動は、怯ませるか、突進が止まったのを確認後に行なうこと。後者の場合は、2へ戻るタイミングを前者よりやや遅らせる(体感で約7〜8秒)。なお、ナズチ突進中に2→6→2と移動すると、ナズチが高台に乗ってしまう。この場合は、一度6へ戻る。
2→6→2と移動した時、イレギュラーなケース(ナズチを見失う、ナズチが移動していない、ect)になった場合、とりあえずAで待機するか、再度6へ移動。
ステルスジャンプを連発されると、<固定砲台型>と比較し、単位時間あたりの攻撃量は大きく減少する。それを補うための火事場+2。
怯みを計算した攻撃を必要とするため、マイナス会心があるラオ皇は不向き。闇雲に撃つだけではパターン化できない。また、上記で述べたように所詮ステルスジャンプでハメは解除されてしまう。運がよければ爆発的な破壊力があるが、確実性に欠ける。
<固定砲台型>と同様に、パターン^奮阿両豺隋基本的にリタイア推奨(虫掃除後、経過時間を確認するとよい)。

補足

ステルスジャンプ後、崖際にタル爆を設置すればダメージアップを図ることも可能。

沼地ナズチに関して

ナズチの行動パターン

4へ飛来しないパターンは存在しない。故に、4高台待ち。

戦術<固定砲台>

開幕4の高台へ(村の場合、要虫掃除)。高台最前部でナズチ飛来を待つ。「目」のマークが付いたら、極力2側最奥へ移動。あとは散弾を撃つだけ。舌攻撃、疲労ブレス、酸弾液(立ち位置による)を食らうと、2へ移動するので、回復と弾調合を行ない、ふたたび4へ。以後、この繰り返し。飛来回数2回以上で村・下位ならば、一戦討伐。上位は二戦討伐。 舌攻撃や疲労ブレスを連発され、回復剤を極端に多く消費するような状態に陥った場合は、リタイア推奨。

参考資料1 <村・森丘ナズチ一戦討伐例>

装備

  • 武器:ラオ覇+PB
  • 持ち込みアイテム:散弾Lv3(60)、カラの骨【小】(99)、竜の牙(99)、調合書、力の護符・爪、火事場用タル爆
  • 使用スキル:火事場+2、散弾強化
  • 猫飯:なし

戦術

虫掃除後、火事場発動。2高台待ち(固定砲台ではなく、回避・誘導あり)。2回目の飛来時に討伐。
残弾数:散弾Lv3(48)、カラの骨【小】(12)、竜の牙(12)

備考

ラオ覇+PB使用、スキル:最大生産、散弾強化、誘導・回避パターン使用時の討伐例。
3回目の飛来時に数発で討伐。
残弾数:散弾Lv3(54)、カラの骨【小】(13)、竜の牙(13)

参考資料2 <上位・森丘ナズチ一戦討伐例>

装備

  • 武器:ラオ覇+PB
  • 持ち込みアイテム:通常Lv2(99)、散弾Lv3(60)、カラの骨【小】(99)、竜の牙(99)、調合書、力の護符・爪、火事場用タル爆
  • 使用スキル:火事場+2、散弾強化
  • 猫飯:猫火事場

戦術

虫掃除後、W火事場発動。2高台待ち(固定砲台ではなく、回避・誘導あり)。3回目の飛来時に討伐。

備考

残弾数:通常Lv2(74)、散弾Lv3(6)
散弾の無駄撃ちもあったため、正確な狙撃を心がければ散弾のみの討伐も可能と思われる。

Last modified:2008/03/31 10:43:01
Keyword(s):
References:[SideMenu]