FrontPage  Index  Search  Changes  Login

基本戦術&心得

心得

「勝つためにハメる」のではなく、「ハメて勝つためにハメる」の精神で!!

ハメでの戦いにおいては知識>プレイヤースキル>武器(防具)です。
ハメを生み出す知識レベルを保ち、ガチでも戦えるプレイヤースキルを磨く。これにより新たなハメが誕生する。
時間が掛かっても、安全に一方的に攻撃することが出来ればそれはハメである。
今回は安易な場所は対策が取られている為、より高度な知識を持って臨む事がハメに繋がる。
ハメばかりに頼っているとパーティプレイ時に泣きを見る。

主な戦術

地形ハメ

高台ハメ

基本その1、ガンナー専用。敵の攻撃を受けない場所から一方的に攻撃する、いわゆるチキン戦法。
だが、今回使用に耐えうる高台は火山エリア3のみで他の高台は破壊されてしまう。
砂原のエリア7の高台は裏世界へ行く為の手段として用いる事。

壁ハメ

基本その2、ガンナー専用。
対象となる敵とプレイヤーの間に壁や岩などを挟むことで、敵の攻撃を無力化するというもの。
誘導方法が確立されている場合は非常に有効。突進を多用する敵がハマリやすい。
代表的な壁ハメは、渓流エリア2の銀レウス、凍土エリア3のイビルジョーなど。

エリア切り替えハメ

基本その3、今回はガンナーのみ(?)。高台ハメに勝るとも劣らない究極のチキン戦法。
具体的には対象となる敵に攻撃を加え、反撃を受けそうになったらエリアを切り替えて回避するというもの。
ロードを頻繁に繰り返すため、PSPへの負担が大きく、場合によっては攻撃を加えている時間より、
ロードの方が長くなるケースもある。
MHP3においてはメディアインストールの恩恵で一部のモンスターでは非常にやりやすい。

閃光ハメ

ハメというよりは戦術のひとつ。閃光玉を使った際に暴れまわらない敵に有効。
ガンナーの場合、安全に戦える為とても有効。
今回、耐性が追加された為、必勝パターンとしては精度が下がったが罠と併用するなど、
調合分持ち込んで閃光が解除されるタイミングさえ見誤らなければ、ノーダメージで討伐可能。

拡散祭り

閃光ハメと同様、戦術のひとつ。MHP2ではパーティプレイ時の対ミラ系戦に絶大な威力を発揮した。
今作では1人ならなんとか飛竜1匹討伐出来るレベル、4人集まればアルバトリオンも討伐出来る。
P2Gの時より小爆弾1個辺りのダメージが32→25に変更され相対的に火力ダウンした。
未だ現役だが、相変わらず対費用効果は悪すぎるレベル。

Last modified:2011/08/24 11:24:38
Keyword(s):[基本戦術] [心得]
References:[SideMenu]